肝臓病に良い食事をしよう|ニコニコ健康続ける健康食

先生

どんな治療法があるのか

まず気を付けることは何か

女性

外科治療は様々な方法がありますが、その中の一つが栄養療法です。アメリカなどの海外では、1960年頃から医療現場で適用されてきた治療法です。2000年頃から日本でも導入されはじめ治療の幅を広げています。栄養療法は効果的かつ重要で、とても期待されている療法ですが注意点もあります。例えば免疫栄養と呼ばれる療法を施した場合、炎症が強くなり臓器障害が起こる可能性があります。これは重症患者に起こりやすいと言われています。栄養療法は患者の病態や手術歴、どれくらいストレスがあるのかによって、医師が適切に判断して行きます。万が一、患者に合っていない栄養療法を施すと病状を悪化させたり最悪の場合、死に至るケースもあるのです。病状が複雑化している患者ほど注意が必要で、優良な医師を見付ける必要があります。

どのような療法なのか

栄養療法は栄養素の摂取で、乱れた患者の栄養バランスを整え治療に役立てる療法です。単なる栄養欠乏症を防ぐ栄養学から一歩進んで、高い容量のビタミンやミネラルの摂取で栄養素の機能を病態の改善に用いる方法でもあります。薬による治療とは異なり、副作用もほとんどありません。栄養療法の歴史は長く海外で1960年代に初めて登場しました。当時は完全静脈栄養法と呼ばれ、中心静脈カテーテルから点滴だけで体に必要な栄養素を全て入れる方法でした。食道ガンや胃ガンなどの治療に使われました。その後、2000年代に免疫療法という栄養療法が普及し始めました。これは免疫機能を持つ栄養素を強化した栄養剤の内服によって、手術後の感染症を減らす療法です。これらを適切に処方することによって合併症が減少し、入院日数や医療費の削減にも繋がりました。