肝臓病に良い食事をしよう|ニコニコ健康続ける健康食

先生

上手な利用方法

女性

腎臓病食を実際に作るとなると大変なので、宅配サービスを利用しておくと便利ですが、食べても大丈夫なのかを調べておく必要があります。もしも判断できないなら、迷わずかかりつけの医師に相談しておくと良いです。

Read More...

宅配による食事サービス

先生

健康宅配は糖尿病や腎臓病の食事管理を行うサービスであり、エネルギーやたんぱく質の制限を行っています。今後は糖尿病や腎臓病以外の病気療養食が求められており、メニューが増える事とサービスエリアの拡大も期待されています。

Read More...

どんな治療法があるのか

女性

栄養療法は食事や点滴などでの栄養素の摂取によって、患者の治療・早期回復に役立てる治療法です。安全性の高さ、合併症の少なさなどが特徴です。歴史も長く1960年代に海外で登場し、日本では免疫療法として2000年代に普及しました。治療の際には、優良な医師を見付けることが必須です。

Read More...

腎臓機能を維持するために

塩分制限のポイント

男性

腎臓病の食事のポイントは、塩分、たんぱく質、カリウム、リン、水分などを病状に合わせて制限することです。高血圧をコントロールすることで、腎臓病の進行を抑えることができるので塩分制限を行います。毎日の食事の中で、調味料でとる塩分が約70%を占めます。ですから、調味料を使いすぎないことが大切です。漬物や味噌汁など塩分の多いものは控えましょう。少ない塩分でも、美味しく食べられる工夫も大事です。煮物や汁物はだしを効かせて薄味にします。市販のだしの素は塩分が多く含まれているので、自分でかつお節などから取りましょう。香辛料を使うと、味のアクセントになり薄味でも気になりません。ゆずやみょうがなどを使えば季節感も出てより良いでしょう。

たんぱく質制限のポイント

たんぱく質は腎臓病の進行度により、それぞれ制限が違うので、医師の指示に従った食事にしましょう。たんぱく質を制限するには、少ないたんぱく質が体の中で有効に使われるようエネルギーを充分にとることが必要です。腎臓病のたんぱく質制限だとおかずの量が少なくなりがちです。おかずが減るとご飯も進みにくくなり、エネルギーが低くなってしまいます。たんぱく質を減らした分、ご飯などの主食を増やした食事にしましょう。炊き込みご飯にしたり、チャーハンなど油を使った料理がエネルギーが上がるためお勧めです。また、おかずの調理方法もマヨネーズを使用したりしてエネルギーを上げるようにします。そして、少量でも栄養価の高いアミノ酸スコアの高い食品がお勧めです。主に肉、魚、卵の動物性食品です。