安心して解体工事を任せるなら信頼できる業者にお任せ!

様々な観点で取り組む

電球

方法による特徴

ビルのコスト削減を考えるときに省エネ化を進めるのはおすすめの方法です。ビルのエネルギー消費は、空調、照明、給湯、OA機器などが主なものです。OA機器は企業の生産性に大きく関わるものなので、大規模改装や修繕のタイミングでないとリニューアルは難しいものです。効果的に省エネを進めるには、照明と空調、給湯部分を省エネ化するのがポイントです。具体的な方法としては、使用者の意識改革による省エネ、運用による省エネ、設備投資による省エネが上げられます。使用者の意識改革による方法は、今すぐにでもでき、特にコストがかからない方法です。ですがビルの使用者にストレスや不満をかけるおそれがある上、効果はそこまで高くないので、より根本的な他の方法を試すのがおすすめです。コストをかけずにそれなりに効果が高いのが運用による方法です。これまでの運用体制を見直すことで、よりビルの現状にそった形にすることでエネルギー消費を抑えます。より効果が高いのが設備投資による方法です。より省エネ性能の高い設備に交換したり、省エネ化に役立つ設備を追加したりすることでエネルギー消費を抑えます。設備投資により費用は多少かかりますが、長期的な視点で見れば確実な効果が見込めます。大規模な設備の方が効果は高くなることがありますが、それなりに資金がないと難しいため、資金繰りが厳しいビルでは導入が難しい方法といえます。これらすべての方法をとるのが最も効果が高くなりますが、できることからトライするだけでも効果はあります。ビルの現状に合わせて方法を選ぶのが大切です。